南アフリカランド円が暴落していた

久しぶりにその南アフリカランドの対円レートを見たら、なんと暴落していることがわかりました。
だいたい数年間は10円ぐらいのところで安定していましたが、一斉に投げ売りしたため下落が勢いづいたようで、8.8円を割ってくる予想外の展開になりました。

とくに2015年12月9日にズマ大統領が市場評価の高いネオ財務相を解雇してからかなり暴落しました。
リーマンショック以来の安値を更新しつづけ、7円を割ってしまっています。
一因として、中国株のバブルがはじけ、暴落した直後ということも考えられます。
とある長期トレーダーは学費保険として運用していたそうですが、ロスカットになり崩壊してしまったようです。

金利が魅力の南アフリカランド円の運用ですが、金利より上がったり下がったりする為替変動の影響があるという結果になりました。
現在は、少し戻している展開になっています。最安値よりも下がるということはなさそうですが、どのぐらいまで戻るのかです。