ポジポジ病をなかなか修正出来ない私の弱さ

FX暦はまだ半年に満たないほどの初心者を脱したばかりの私ですが、成績としては若干の敗けで現在まできております。

ただ、新規口座開設のキャッシュバックを入れるとトントンなので、まだまだ余力は十分ですけどね。このキャッシュバックというのは平均して一万円ぐらいは現金で手にする事が出来るので初心者でまだ門戸を開けてない方は必須ですよ。

さて、私が現在克服しなければならない課題があるのですが、これがなかなか難しいのです。それは、勝負に行くべきではない不安定なチャートの際にも新規で注文してしまうポジポジ病とも言えるものです。

普段の私は、ビジネスマンにつき、仕事三昧なのですが、家に帰ったらすぐに取引画面にログインしているんですね。日足、四時間足、そして一分足までしっかりと当日の推移を確認します。

そこまでは良いのですが、何故か私の定番の敗けパターンが予想される展開にも関わらずポジションを持ってしまいます。

だいたいが米ドル日本円のペアですが、私が仕事に出発した時から相場は上昇を続けています。上昇トレンドというものです。帰って見ると、ずっと上がっていたのか、自動売買でOCO或いはIFO注文を入れておけばよかった、まずはその後悔が発生します。

ここまで上がり最高値を更新したこのラインだからここが天井だ、間違いなく下がると確信をし、ショートの売りで入ります。そして、下がる動向を見せ、またさらに上がってしまうんですね。

上昇トレンドの天井を読めない私なんです。
攻略サイトや動画講義でも、待つときはじっくり待つのも勝つための秘訣と豪語されているにも関わらずトホホな結末の私です。

1度立ち止まり、相場が大きく変動しても心の同様に影響を与えにくい1,000通貨単位で自分を見つめ直す事も視野に入れています。そう、初心者の方は最小単位での購入か、デモトレードで慣らすというのは重要ですよ。